本文へジャンプ

HOME > 保険コンサルティング

介護保険

もしあなたが介護状態になってしまったら…

核家族化の影響で「子」や「子の配偶者」に大きな負担が

経済的・精神的・肉体的負担を、どう和らげるかを考える。

もしあなたが介護状態になってしまったら…

介護の対象者で一番多いのは、自分の親もしくは配偶者の親で、約 75% にもなります。
もちろん介護状態になってしまった方の負担も大きいのでしょうが、介護をしている家族の負担は、はかり知れないものになります。
自宅で介護を行う場合、朝も夜もなく、休日もなく介護をしなければなりません。なかなか外出もできない状態です。
しかも、この状態がいつまで続くのかもわからないのです。実際に親の介護が原因でストレスがたまり、自殺や無理心中をしてしまうケースまであります。

この大きな負担を和らげる準備をしておかないと、家族に大きな負担を与えてしまうことになってしまいます。

将来、あなたを介護してくれる家族の負担を和らげるために

有料のヘルパー

もし、あなたが介護状態になってしまったとき、民間の介護保険に加入をしていたらどうでしょうか。
保険金の中から、週に数回は有料のヘルパーを呼ぶことができますし、デイサービス、ショートステイを利用することもできるでしょう。
これによって介護をしている家族の負担を和らげることができます。
「将来、自分を介護してくれる家族の負担を和らげるために民間の介護保険に入る」ことが、介護をしてくれる家族への最大の思いやりではないでしょうか。

弊社は、いつ誰に必要となるかわからない介護への備えとして、公的介護保険の基礎知識とサービスの利用方法、介護サービスの種類などと合わせて、民間の介護保険の解説も紹介しています。さらに、民間介護保険の無料相談も行っております。

あなたの介護費用に対する悩みや不安を、ファイナンシャルプランナーが解決します ! お気軽にご相談ください !

クロスバイザー株式会社

TEL : 03-6226-5810

FAX : 営業/03-6226-5820 総務/03-6226-2277

〒104-0045 東京都中央区築地4丁目3番8号 登喜和ビル3階 (アクセス)

前へ戻る  このページのトップへ