本文へジャンプ

HOME > 保険コンサルティング

生命保険

生命保険はなぜわかりにくいのか ?

生命保険はわかりにくいという先入観だけ。3 つの基本形を学ぶことで、ほとんどの保険商品を理解することが可能。

自分の必要保障額と必要期間が算定できれば、多くの保険商品の中から選んで当てはめればよいわけです。
でも、生命保険の基本を理解していなければ選ぶこともできません。ここでは生命保険の基本を理解しましょう !

生命 ( 死亡 ) 保険には大きく分けて、終身保険、養老保険、定期保険の 3 つの基本形があります。

終身保険

老後の生活資金等の貯蓄

保険期間は一生涯 ( 終身 ) 継続します。
掛け捨てではなく貯蓄性があります。解約返戻金は払込期間が満了すると、払込総額を超えることもあります。
保険料は変わることなく一定です。
保険料の払込期間は 10 年、15 年、60 歳、65 歳、終身払等から選べます。

  • お葬式費用、相続費用、学資・老後の生活資金等の貯蓄に活用されます。

養老保険

保険期間は契約時に一定期間を設定します。10 年、15 年、20 年、60 歳、65 歳等から選べます。
掛け捨てではなく貯蓄性があります。満期時に生存している場合、死亡保険金と同額の満期保険金を受け取れます。
保険料は終身保険と比べて割高です。
保険料は変わることなく一定です。

  • 貯蓄、学資・老後の生活資金等の貯蓄に活用されます。

定期保険

お子様の教育費など

保険期間は契約時に一定期間を設定します。10 年、15 年、20 年、60 歳、65 歳等から選べます。
掛け捨てです。保険期間が長期の場合は解約返戻金が発生することもあります。
保険料は保障する期間 ( 保険期間 ) が短く、また掛け捨てのため、終身保険、養老保険と比べて割安です。保険期間が短いほど、保険料は安くなります。
保険期間が満了すると、自動更新特約により同一保険期間延長されます。その場合、保険料はその時点の年齢で再計算されるため、当初の保険料よりも値上がりしていきます。

  • お子様が独立するまでの生活費や教育費あるいは住宅ローンの返済資金のように期間を設定して、あらかじめ保障が終了することが前提とした保障に活用されます。
    保険期間は必要とする期間で設定すべきですので、充分検討することが必要です。

取扱い保険会社は以下のとおり (2019年10月現在 )
アクサ生命保険 / アフラック / FWD富士生命保険 / オリックス生命保険 / ジブラルタ生命保険 / ソニー生命保険 / SOMPOひまわり生命保険 / 東京海上日動あんしん生命保険 / 日本生命保険 / 三井住友海上あいおい生命保険/ メットライフ生命保険

クロスバイザー株式会社

TEL : 03-6226-5810

FAX : 営業/03-6226-5820 総務/03-6226-2277

〒104-0045 東京都中央区築地4丁目3番8号 登喜和ビル3階 (アクセス)

前へ戻る  このページのトップへ